【感想】左岸(上・下)(江國 香織)

通勤途中に読んだ本です。
ちなみに、この本は、「冷静と情熱の間」のとき同様、
辻さんが右岸という対となる小説をかかれています。
※ 私は読んでいませんが。(途中なぞ過ぎて立ち読みしたい衝動には駆られたが。。)

もともとは、何となく読み始めた本。
江國香織さんの書く文章と登場人物が魅力的なので、つい手に取ってしまった一冊。

主人公が、とても魅力的。
賛否両論あるかと思うけど、私はとても好きだなあ。
きっと彼女のような行動力があって、独創的で、魅力的な女性がいたら、
影響を受けずにはいられないでしょう。

(きっと、右岸の主人公の彼もその虜となった人の一人。)

彼女の孤高とも言える後編の生き様は、遠くへきてしまったこと(文中で主人公の兄、惣一郎が語りかけるセリフ)、を感じさせる。一方で、常に九(主人公の幼馴染)とはどこかで繋がっている。

色んな愛の形があるが、やはり人は孤独であることを感じた一冊。
私にも魂で繋がれるような人が居たら面白かったなぁと、思った。。

左岸 上 (集英社文庫)/集英社

¥780
Amazon.co.jp

左岸 下 (集英社文庫)/集英社

¥780
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。