【感想】塩狩峠(三浦綾子)

少し前の話ですが、感動する話28「塩狩峠」を拝見して読みました。

キリスト教の世界観というのは、やはり少し独特のもので、
外国小説意外ではあまり接してこなかったんですよね。
(意図的に、接してこなかったということもある。)

三浦綾子さんの小説は、実在の人物を元にした話ということで、とっつきやすいかな?と思って読みました。

****
内容は、聖書の教えが散りばめてある本。
主人公を通して、人間とは、神とは何か、信念とは何か、愛とは何か、その考え方を知ることができる。

読みやすくて、感銘を受ける内容。
こんなことあるのか、といろんな感情が湧き上がります。
が、私には主人公が凡人ではなく聖人にみえた。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。