【感想】ノルウェイの森(村上春樹)

またもや通勤のお供に。
やく4日間の往復経路で読めた本です。

感想としましては。。

狂気を孕んだ彼女直子を待つ身でありつつ、切迫したものを感じない、何気ない大学生活を過ごしているような主人公がスキ。

しかし直子さんがなあ。
結局彼女の狂気は膨らんだだけにみえる。

私の読解能力が低いからだろうか。
というか、
私はそもそも生の延長に死があるのではなく、死の延長に生があると感じたいんだよな。結局自分との対峙。

私の思う世界観と異なる世界観を突きつけれる、新鮮な小説ではありました。

評価は★★★☆☆

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)/講談社

¥1,079
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。