【感想】永遠の0(百田尚樹) 

過去に読んだんだけど、感想文の移管。

今更ながら、読みました、久々レビュー書く気になった
戦争を題材にしたフィクション作品。フィクションとしては物語の構成が秀逸。宮部の魅力的な人柄に引き込まれてしまう。
土台として当時の背景もかいつまんで学べる。人として日本人として学ぶべきことが沢山詰まっていて、最後は読んでいてやっぱり泣いてしまった。


戦争ものが苦手、と言う人こそ読むべき一冊。

(追記:2013年1月5日)
これ、映画化するらしいが私は不安。

むしろ私はジャニーズ好きだし、ウォタクなんだけど、
これは俳優さんにやってほしかった。

だけど、彼ら、をきっかけでこの映画に興味を持ち、ひいては戦争に興味をもち。。
っていうのは、それはそれで良いな、と思った。

・・・そうしてなんとか気持ちを落ち着かせたが、
やっぱりこれは、別の人にやってもらいたかったのだ・・(そして永遠に続く。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。