【感想】働く女性が知っておくべきこと グローバル時代を生きるあなたに贈る知恵(坂東眞理子)

最近急激にグローバル化している自社にビビッてます、私。
あ~坂東さんの本だーって目について買った一冊。


働く女性が知っておくべきこと グローバル時代を生きるあなたに贈る知恵 (角川oneテーマ21)/角川書店(角川グループパブリッシング)
¥820Amazon.co.jp

感想

内容よんでもっと早く読むべきなんじゃんって最初は思った。
目線がつねに、ばりばり働くおばさん×女子大学生(就職活動前)って設定。
もう就職しちゃってるよ、私・・、目線あわせられないよ~って思って、斜めよみしていたんだが、
結構いいこと書いてある。

普段新聞読んでいない人にはいい。(わたしです。)
きっと、今の日本の縮図を本当に簡単に知れる&イメージできる。
今考えるべき問題の簡単にまとめられているので、「なんで?」って思うきかっけになる。

そして、さらに良いところは、(これは坂東さんのほんの良いところだと思うんだけど、)
絶対的にこうしなさい、って格言本じゃないんだよね。
自分で考えなさい、ってスタイル。
日本だけの人と戦ってきた時代とは違うのよ、今はこうなのよ、あなたが幸せになるためなのよ、って語りかけてくれる。
小説の中では、それが主人公の叔母さんって設定なんだけど、坂東さんが語りかけてくれるように感じるんだよね。あったかい。

マジな話、私も大学生のとき、感じた違和感をびしっと書いてくれてる。共感。
こんなに離婚が多い世の中、かつ少子高齢化の世の中で、何で高収入のだんなゲット=永遠に幸せ
って式が成り立つと思っているやつがいまだにいるんだね。
絶滅危惧種じゃないんだよね、たぶん。超、、不思議。

って私が書くと、アラサー&独身貴族(没落寸前)のおば様のたわごとにしか聞こえないけどw
とりあえず妹に読ませようって思った。
きっと彼女もその絶滅危惧種の一人だから。

さて、、、
そんな私は、明日から仕事です。
これから永遠に休みだと思うと、つまんないって感じるもんだよ、って仕事辞めた先輩がいってたけど
私はまだ休みでよいようです。
あと1週間くらい、休んでも大丈夫そうだ(ってただの怠け者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。